ようこそ! ガチャバンへ
私たちの会は、会の仲間たち一人一人が、多くの人の支援を受けながら、この住み慣れた地域でいきいきと個性的な生活が送れるように、しっかり根を張って生きていけるように、みんなが支えあって活動を続けています。

最新情報 お知らせ
第9回 自立生活支援を考える会

3月9日(日) 13:30~17:00
粕谷区民センター 第1・第2会議室
(世田谷区粕谷4-13-6 03-3305-3131)
京王線 千歳烏山駅から徒歩10分

二次会(飲み会)もやります!

 知的障害当事者の自立生活が、各地で徐々に実現されつつあります。
 どのような生活を送るのかは、人それぞれです。
けれど、自立生活を「支援」するときに出てくる課題は、似ています。 家探し、支給量の確保、お金の管理のこと、 ヘルパーの連携のこと、本人の意思や思いをどう活かしていくか、近隣住民との関係、などなど。
地域で自立生活支援に取り組んでいるさまざまな人たちと、 情報や思いを交換しませんか。そうすることで、いま目前にある課題にどう取り組むか、 大事な示唆が得られるのではないでしょうか。

第9回は、「介護のつらさを考える」の続きです。前回、横田さんが話題提供してくださった内容を受けとめ、次を考えていこうと思います。
具体的なやり方はただいま検討中です。でもなんか、すごいことになりそうですよ!

・また話題提供をお願いしようと思っていますが、詳細は未定です。
・何がつらいか、わからない。自分がつらいと思っているかどうかも、わからない。相談しなよと言われるけれど、誰に話したらいいのかわからないし、そもそも何を話したらいいのかわからない――そんな思いを抱えている介助者は多いのでは?
・でも当事者の方がつらいはずだ。そう言われるし、自分でもそう思うし、だから黙るしかなくなり、気づいたら辞めるしかないところに行ってしまう。
・それに対し「乗り越えて続けている人もいる」「がんばろう」と言って済ませるのって、なんか違う。それでは乗り越えられる人しか続けられなくなってしまう。
・じゃあどうする? どう考える? みんなで考えていく方法はないか?

 日頃の悩みや考えを、お互いに出し合い、次につながる材料を持って帰ることのできる場を目指しています。ぜひご参加ください!!

文責:三井さよ

連絡先:たこの木クラブ(042-389-1378)


たこの木クラブについては、コチラ
会場については、コチラ

この勉強会のチラシは、コチラ


支援つき意思決定制度について

支援つき意思決定制度の主要要素 - PDF (251KB)

自己決定権を保障する制度作りへのヒント - PDF (90KB)

あっけら 31号(2011.8.12号) 掲載! >>

介助連 News 4月号 掲載! >>

皆さまへ お知らせ


ガチャバンカンパニー
自然食品を、毎週火曜日お届けします


「共同購入の会」から仕入れた自然食品を、地域の皆さんのお宅に配達しています。安心できるものをより安く。子どもたちに未来を!がモットーです。

宅配会員募集中
(世田谷、杉並)

 



Copyright 2008 © NPO法人ガチャバンともに生きる会 & G PLACE Inc. All rights reserved.